イボ痔、切れ痔、痔ろう、脱肛、いろいろな痔の症状や治療法、手術法について
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

痔ろうの手術(括約筋温存手術)

括約筋を切らない手術です。
痔ろうの手術で括約筋を切らずにおこなう手術を「括約筋温存手術」といいます。別名、くりぬき法ともいいます。
原則として深部痔ろうや、前、横の痔ろうは括約筋温存手術をおこないます。
痔ろうは、肛門括約筋よりも深い層にできます。従って括約筋を切ることなく痔ろうのみを切除するにはトンネルを掘るように病巣をくりぬかなければなりません。これが「くりぬき法(coring out)」の名の由来です。

技術を要する手術です
もちろん括約筋を切らなければ手術後、肛門がゆるくなる心配が無いのでよいのですが、括約筋温存手術は技術的に難しく、その手技の性質上、病巣が一部、残る(=再発する)可能性があります。(概して数%の再発率があります)
深部痔ろうや、前、横の痔ろうでは括約筋を切りますと術後の後遺症が大きいため、再発の危険があっても括約筋温存手術をおこなうのが最近の主流です。
括約筋温存手術は肛門科でおこなう手術で最も技術を必要とします。手術時間も通常のイボ痔の倍以上、かかります。入院期間も最低で2週間、深部複雑痔ろうでは1ヶ月近く、必要なこともあります。日帰り手術は無理です。手術した部分を保護するために、術後、数日間、食事止め、や排便を止める薬の服用も必要となります。
括約筋温存手術の成否は手術医の経験、技術によって大きく変わります。深部複雑痔ろうや、前、横の痔ろうは痔ろうの手術の経験豊富な肛門専門医を訪ねたほうがよいでしょう。(もっとも通常は、専門家以外は手をだしません・・・)

開放手術との使い分け
しかし、後方の浅い痔ろうは括約筋を切りましてもほとんど問題が無いため、再発の危険のほとんど無い開放手術(痔ろうを括約筋ごと大きく切除する)をおこなうのが普通です。
痔ろうは1型から4型があります。 浅い1型は通常開放手術がおこなわれます。また2型は後ろにある場合や、浅い場合は開放手術がおこなわれます。深い2型、前、横の2型、3型、4型は開放手術をおこなうと肛門機能の低下が大きいため、通常は括約筋温存手術がおこなわれます。


スポンサーサイト
痔ろう | 【2007-01-13(Sat) 17:50:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

痔ろうの手術(開放手術)

痔ろうの開放手術
痔ろうを括約筋ごと大きく切除する手術を開放手術といいます。

再発の少ない方法です
括約筋温存手術に比べると、シンプルで再発の危険がほとんど無いことが特長です。
特に後方の浅い痔ろうは括約筋を切りましてもほとんど問題が無いため、開放手術をおこなうのが普通です。
通常に開放手術をおこなうと傷がおおきくなりすぎる時は輪ゴムを使ってゆっくり時間をかけて「開放」します。これをセトン法といいます。これは外来でも可能です。適応を正しくおこなえば非常にきれいな手術です。
昔は痔ろうの手術は全て「開放手術」でした。とにかく、痔ろうを治すことが優先され、手術後の機能までは重視されなかったからです。「痔の手術をすると肛門がゆるくなる」という評判はこのころの痔ろうの手術が原因です。


括約筋温存手術との使い分け
痔ろうは1型から4型があります。浅い1型は通常開放手術がおこなわれます。また2型は後ろにある場合や、浅い場合は開放手術がおこなわれます。深い2型、前、横の2型、3型、4型は開放手術をおこなうと肛門機能の低下が大きいため、通常は括約筋温存手術がおこなわれます。しかし、再発をくりかえし、温存手術が困難な場合は開放手術がおこなわれます。




痔ろう | 【2007-01-11(Thu) 14:16:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

痔ろうの原因

痔ろうの原因

肛門にある小さな穴「陰か、といいます」に便の中のばい菌が入りこみ化膿すると肛門周囲膿瘍になります。
丁度、歯のすきまに口の中のばい菌が入り込んで虫歯になるのと似ています。

肛門周囲膿瘍は肛門の急性の炎症です。痔ろうはこの炎症が慢性化したものです。痔ろうは、本質的には直腸内の陰かと皮膚の間にできた「トンネル」です。便中のばい菌が直腸内からこのトンネル内に入り込むため、感染が慢性的に持続するのです。

したがって皮膚に切開して膿をだしても根治にはなりません。「直腸内の陰か」を処置して、菌の進入が起きないようにしなければいけません。これが「痔瘻根治手術」です。

痔ろうは比較的浅い「浅部(単純)痔瘻」と病巣が深い「深部(複雑)痔瘻」に分類されます。

こまかくは1型から4型に分類されます。数字が大きいほど深部です。

1型と一部の2型は「浅部痔ろう」、2型の一部と3、4型は「深部痔ろう」です。

一口に痔ろうといっても1型と4型では全然、重症度、手術の難しさが違います。痔ろうを放置すると、じわじわと深く複雑になる傾向があります。そして一番深い、4型は「がん化」の危険もあります。
浅い痔瘻が自然に治る事もありますが、多くの場合は自然治癒はあまり期待できません。 診断がついたら早めに治療した方がよいでしょう。




痔ろう | 【2007-01-08(Mon) 13:43:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

痔ろう

痔ろう
<症状>
肛門が化膿する肛門周囲膿瘍の方がしばらくしますと、肛門の激しい痛みは消えて、かわりに肛門に固いしこりができ、慢性的な「鈍痛」「異物感」「不快感」が続きます。こうなったら痔ろうの可能性が大です。


薬では治らない
また痔ろうは内痔や切れ痔と異なり、薬物治療は通常無効で手術しないと治りません


癌の危険も!
痔ろうを長年放置すると、ガンになることがあります。これは内痔や切れ痔と決定的な違いです。痔ろう癌は一般の肛門癌に比べ、非常に悪性度の高いものです。私達のような専門施設ですと年に数例、痔ろう癌の方をみます。「肛門科にいくのはいやだ・・・・痔で死ぬわけでないし・・・」長年の間、一度も医師の診察を受けずに市販の薬を使いつづけた方がこのような不幸に遭います・・・・・。自分の症状が「イボ痔ではない。切れ痔でもない。痔ろうかも・・・・」と感じた方は、躊躇することなく肛門科へ来てください!

専門医の診察が必須
やっかいなことに痔ろうの手術(特に複雑痔ろう)は肛門科の手術で難しいものです。内痔や切れ痔を手術して「再発した」とか「肛門が変形した」といったトラブルは通常は起き得ません。しかし、痔ろうに関しては、経験豊富な医師が手術しないとこのようなトラブルがまれではありません
不幸にして痔ろうになってしまったらとにかく「痔ろうの経験の豊富な肛門科」を探すことが最も大事です。




痔ろう | 【2006-12-20(Wed) 11:48:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

痔ろうの治療

痔ろうは薬ではよくなりません。多くの場合、手術が必要と考えてください。手術は括約筋といっしょにトンネルを切除する「開放法」と括約筋を切らずに、トンネルだけをくりぬく「括約筋温存手術(くりぬき法)」があります。
いずれもいぼ痔(内痔、外痔)切れ痔に比べると、傷が深く大きくなり大掛かりな手術となります。これはいぼ痔、切れ痔が括約筋より浅い層にできる病変なのに対して痔瘻は括約筋よりも深い層にできるからです。’(下図)


痔ろうは重症度を1から4型まで分けています。痔ろう手術の大体の目安は以下のようなものです

1型は「開放法」で外来手術が可能です
単純な2型は「開放法」で外来手術か短期(数日)入院となります
複雑な2型、3型は「括約筋温存手術」で2週間~3週間の入院が必要です
4型は1ヶ月近く、入院を必要とすることもあります。4型の手術は肛門科の最高難易度の手術で、ちゃんとした手術のできる施設は全国的にも、数えるほどしかありません。また4型は時にガン(痔ろうガン)を合併します。(幸い4型は非常に稀です)


痔ろう | 【2006-12-02(Sat) 23:20:11】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 痔!痔!痔! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
イボ痔、切れ痔、痔ろう、脱肛、いろいろな痔の症状や治療法、手術法について