イボ痔、切れ痔、痔ろう、脱肛、いろいろな痔の症状や治療法、手術法について
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

痔核根治手術

現在の標準的治療法
別名「結さつ切除術」といい文字通り、痔核を切除して結さつ(糸で縫う)手術です。通常、ひどい脱肛は3個できることが多く3個同時に切除します。
3個切除の場合でも手術は馴れた医師なら、15分位でおわります。 傷は溶ける糸で縫いますので、抜糸は不要です。縫い方は半分だけ縫う方法(半閉鎖といいます)が一般的ですが、完全に縫う場合や、ほとんど縫わない場合もあります(傷に加わるテンションなどをみて適宜、使い分けます)


麻酔
麻酔は一般に腰椎麻酔という腰に細い針をさす下半身麻酔が一般的です。この針は通常の注射より細い針を使いますので思ったより痛くありません。ただ、腰椎麻酔は時に頭痛をおこすことがあります。
腰椎麻酔と似ているのですが、仙骨麻酔といいまして、頭痛の起きない下半身麻酔が選ばれることもあります。
いずれの麻酔法にしましても手術中は全く痛みは感じません。ただ、横になっていれば手術は終了します。

手術後の痛み・・・
手術後は肛門に傷ができていますので、排便時に肛門に強い力が加わりますとどうしても痛みがでたり、出血したりします。この「排便時の痛み」が痔の手術の最大の問題です。
「排便時の痛み」はかなり個人差があります。9割の方は「なんとか我慢できる程度」の痛みで特に痛み止めを必要としません。約、1割の方は強い痛みのため、痛み止めを必要とします。痛み止めは飲み薬や座薬を使いますが、痛みが強い場合は注射を使います。またお風呂に入ると肛門の筋肉がゆるみ痛みがやわらぎます。
概して手術前の脱肛がひどくて傷が大きくたくさんできた方は痛みが大きくなります。また便が固い方、肛門の緊張が強い方は痛み が大きくなる傾向があります。

後遺症は
痔核は肛門括約筋よりも浅い層にできますから、正しい層で切除されれば、括約筋を傷つけることはありません。つまり、術後、肛門がゆるくなることはありません
また、基本的に「脱出する粘膜」=「過剰にたるんだ粘膜」のみを切除しますので、正しい切除がおこなわれれば手術後、肛門が狭くなることもありません。しかし、余計に正常な粘膜の部分まで切除してしまうと術後の肛門狭窄の原因となります。肛門専門医がおこなえばこのような合併症がおこることはありません。




スポンサーサイト
痔全般 | 【2007-01-19(Fri) 21:10:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

痔ろうの手術(括約筋温存手術)

括約筋を切らない手術です。
痔ろうの手術で括約筋を切らずにおこなう手術を「括約筋温存手術」といいます。別名、くりぬき法ともいいます。
原則として深部痔ろうや、前、横の痔ろうは括約筋温存手術をおこないます。
痔ろうは、肛門括約筋よりも深い層にできます。従って括約筋を切ることなく痔ろうのみを切除するにはトンネルを掘るように病巣をくりぬかなければなりません。これが「くりぬき法(coring out)」の名の由来です。

技術を要する手術です
もちろん括約筋を切らなければ手術後、肛門がゆるくなる心配が無いのでよいのですが、括約筋温存手術は技術的に難しく、その手技の性質上、病巣が一部、残る(=再発する)可能性があります。(概して数%の再発率があります)
深部痔ろうや、前、横の痔ろうでは括約筋を切りますと術後の後遺症が大きいため、再発の危険があっても括約筋温存手術をおこなうのが最近の主流です。
括約筋温存手術は肛門科でおこなう手術で最も技術を必要とします。手術時間も通常のイボ痔の倍以上、かかります。入院期間も最低で2週間、深部複雑痔ろうでは1ヶ月近く、必要なこともあります。日帰り手術は無理です。手術した部分を保護するために、術後、数日間、食事止め、や排便を止める薬の服用も必要となります。
括約筋温存手術の成否は手術医の経験、技術によって大きく変わります。深部複雑痔ろうや、前、横の痔ろうは痔ろうの手術の経験豊富な肛門専門医を訪ねたほうがよいでしょう。(もっとも通常は、専門家以外は手をだしません・・・)

開放手術との使い分け
しかし、後方の浅い痔ろうは括約筋を切りましてもほとんど問題が無いため、再発の危険のほとんど無い開放手術(痔ろうを括約筋ごと大きく切除する)をおこなうのが普通です。
痔ろうは1型から4型があります。 浅い1型は通常開放手術がおこなわれます。また2型は後ろにある場合や、浅い場合は開放手術がおこなわれます。深い2型、前、横の2型、3型、4型は開放手術をおこなうと肛門機能の低下が大きいため、通常は括約筋温存手術がおこなわれます。


痔ろう | 【2007-01-13(Sat) 17:50:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

痔ろうの手術(開放手術)

痔ろうの開放手術
痔ろうを括約筋ごと大きく切除する手術を開放手術といいます。

再発の少ない方法です
括約筋温存手術に比べると、シンプルで再発の危険がほとんど無いことが特長です。
特に後方の浅い痔ろうは括約筋を切りましてもほとんど問題が無いため、開放手術をおこなうのが普通です。
通常に開放手術をおこなうと傷がおおきくなりすぎる時は輪ゴムを使ってゆっくり時間をかけて「開放」します。これをセトン法といいます。これは外来でも可能です。適応を正しくおこなえば非常にきれいな手術です。
昔は痔ろうの手術は全て「開放手術」でした。とにかく、痔ろうを治すことが優先され、手術後の機能までは重視されなかったからです。「痔の手術をすると肛門がゆるくなる」という評判はこのころの痔ろうの手術が原因です。


括約筋温存手術との使い分け
痔ろうは1型から4型があります。浅い1型は通常開放手術がおこなわれます。また2型は後ろにある場合や、浅い場合は開放手術がおこなわれます。深い2型、前、横の2型、3型、4型は開放手術をおこなうと肛門機能の低下が大きいため、通常は括約筋温存手術がおこなわれます。しかし、再発をくりかえし、温存手術が困難な場合は開放手術がおこなわれます。




痔ろう | 【2007-01-11(Thu) 14:16:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

痔ろうの原因

痔ろうの原因

肛門にある小さな穴「陰か、といいます」に便の中のばい菌が入りこみ化膿すると肛門周囲膿瘍になります。
丁度、歯のすきまに口の中のばい菌が入り込んで虫歯になるのと似ています。

肛門周囲膿瘍は肛門の急性の炎症です。痔ろうはこの炎症が慢性化したものです。痔ろうは、本質的には直腸内の陰かと皮膚の間にできた「トンネル」です。便中のばい菌が直腸内からこのトンネル内に入り込むため、感染が慢性的に持続するのです。

したがって皮膚に切開して膿をだしても根治にはなりません。「直腸内の陰か」を処置して、菌の進入が起きないようにしなければいけません。これが「痔瘻根治手術」です。

痔ろうは比較的浅い「浅部(単純)痔瘻」と病巣が深い「深部(複雑)痔瘻」に分類されます。

こまかくは1型から4型に分類されます。数字が大きいほど深部です。

1型と一部の2型は「浅部痔ろう」、2型の一部と3、4型は「深部痔ろう」です。

一口に痔ろうといっても1型と4型では全然、重症度、手術の難しさが違います。痔ろうを放置すると、じわじわと深く複雑になる傾向があります。そして一番深い、4型は「がん化」の危険もあります。
浅い痔瘻が自然に治る事もありますが、多くの場合は自然治癒はあまり期待できません。 診断がついたら早めに治療した方がよいでしょう。




痔ろう | 【2007-01-08(Mon) 13:43:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

内痔・イボ痔・脱肛の予防

内痔、 イボ痔、脱肛の予防

排便時にりきむ習慣を改善することが大事です。便秘は大敵です。
完全に出し切ろうとして、長時間、トイレでりきむのはよくありません。
逆に過敏性大腸の方や炎症性腸疾患の方で排便回数が数回に及ぶ下痢ぎみの方も同時に痔で悩まれている事が多いです。直腸が過敏になり残便感を感じ「最後まで力んでしまう」のが原因です。ある程度だしたら切り上げて「あとは次回!」とすることが大事です。
食事は便秘気味の方は便通をよくするように野菜を多くとり、逆に下痢気味の方は脂肪や香辛料など下痢を起こす刺激性のものを避けるようにすれば、原則として制限はありません。
肛門の血行をよくすることも大事です。なるべくお尻を冷やさないようにし、排便後はお風呂に入るようにするのが理想的です。
おふろに比べると効果はかなり落ちますがウオシュレットもよいでしょう。

運転手さんなど、長時間座る続けるお仕事の方は、定期的に(1~2時間おきに)休憩をとり、お尻を圧迫から開放することが大事です。

当然、パソコンのやりすぎもいけません・・・


痔全般 | 【2007-01-06(Sat) 11:24:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

痔の予防法

痔の予防の為には下記のことに気をつけましょう。 1.酒、コショウ、からしなどの刺激物は避けましょう。 アルコール類や刺激物は肛門を刺激します。過度に摂取しないように気をつけましょう。 2.秘は大敵です。 便秘は肛門の病気の大きな原因になります。普段から便通に注意しましょう。 3.下痢もダメです。 下痢もまた肛門を刺激します。細菌感染をおこし痔瘻の原因になりますので、適度な硬さで毎日規則正しく排便するように心がけましょう。 4.長時間同じ姿勢を続けないようにしましょう。 長時間座ったままの姿勢での車の運転など、長時間同じ姿勢を続けることはよくありません。 5.お腹に力をかけるスポーツや力仕事はやめましょう。 ゴルフやテニス等は肛門に力がかかり、腹圧をかけるスポーツなので痔の人にはよくありません。 6.毎日入浴しましょう。 お風呂に入ることは患部を清潔に保つだけではなく、身体を暖めることで血行も良くなります。入浴は痔にとって最高の予防、治療法です。(ただし肛門周囲膿瘍の場合はあたためると良くありません。) 7.おしりをきれいにする 不潔にすると肛門を刺激し病気を悪化させます。排便の後はウォシュレットやお湯で患部を洗い、常に清潔を心がけましょう。 8.便意を感じた時は我慢しない 便意を我慢することによって便秘になります。便意を感じたら我慢しないですぐトイレに行くようにしましょう。 9.トイレは短時間で トイレで長くりきむのは肛門に負担をかけるので良くありません。ある程度便が出たら、完全に出し切ろうとしないようにしましょう。 10.間違った治療は禁物です 正しい診察を受ける事が痔を治す第一歩です。癌やポリープ等の腸の病気ではないことを内視鏡検査で一度は確かめておきましょう。

痔全般 | 【2007-01-02(Tue) 17:49:13】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 痔!痔!痔! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
イボ痔、切れ痔、痔ろう、脱肛、いろいろな痔の症状や治療法、手術法について