イボ痔、切れ痔、痔ろう、脱肛、いろいろな痔の症状や治療法、手術法について
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

切れ痔の手術(SSG法)

SSG法というのは重症の切れ痔、肛門狭窄(狭くなること)に対しておこなわれる手術です。(軽症の方はLSISという外来手術が有効です)
切れ痔は最初のうちは本当の「切り傷」なのですが、何年にもわたり「切れたり治ったり」を繰り返しますと、深い潰瘍となり、硬く瘢痕化します。そうすると、やがて排便に支障をきたすほどに狭くなります。患者さんは激痛に耐えながら、時間をかけて、狭い肛門から細い便を搾り出します。
「毎日、トイレが地獄の苦しみだった」という患者さんもSSG法をうけると「何年ぶりかに太いウンチが気持ち良くでた」といって喜ばれます。それこそ人生が明るくなったという方もいます。
手術は狭くなった肛門管に外側の皮膚の一部を移動(皮弁移動術)させることで肛門を広く形成します。手術は通常は入院が必要です。技術的に難しいのは拡張の加減です。ひろげすぎると術後、肛門がゆるくなりますし、拡張が不十分ですと、術後、早期に再発することになります。




スポンサーサイト
切れ痔 | 【2007-03-05(Mon) 16:17:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 痔!痔!痔! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
イボ痔、切れ痔、痔ろう、脱肛、いろいろな痔の症状や治療法、手術法について