イボ痔、切れ痔、痔ろう、脱肛、いろいろな痔の症状や治療法、手術法について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

痔ろうの治療

痔ろうは薬ではよくなりません。多くの場合、手術が必要と考えてください。手術は括約筋といっしょにトンネルを切除する「開放法」と括約筋を切らずに、トンネルだけをくりぬく「括約筋温存手術(くりぬき法)」があります。
いずれもいぼ痔(内痔、外痔)切れ痔に比べると、傷が深く大きくなり大掛かりな手術となります。これはいぼ痔、切れ痔が括約筋より浅い層にできる病変なのに対して痔瘻は括約筋よりも深い層にできるからです。’(下図)


痔ろうは重症度を1から4型まで分けています。痔ろう手術の大体の目安は以下のようなものです

1型は「開放法」で外来手術が可能です
単純な2型は「開放法」で外来手術か短期(数日)入院となります
複雑な2型、3型は「括約筋温存手術」で2週間~3週間の入院が必要です
4型は1ヶ月近く、入院を必要とすることもあります。4型の手術は肛門科の最高難易度の手術で、ちゃんとした手術のできる施設は全国的にも、数えるほどしかありません。また4型は時にガン(痔ろうガン)を合併します。(幸い4型は非常に稀です)


痔ろう | 【2006-12-02(Sat) 23:20:11】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 痔!痔!痔! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
イボ痔、切れ痔、痔ろう、脱肛、いろいろな痔の症状や治療法、手術法について