イボ痔、切れ痔、痔ろう、脱肛、いろいろな痔の症状や治療法、手術法について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

切れ痔と裂肛

切れ痔、裂肛
切れ痔の症状 排便時に文字通り、肛門が切れるような鋭い痛みが走ります。痛みは排便後もしばらく続きます。出血をみることも多いです。 最初は文字通り、肛門が浅く切れるだけの「切り傷」なのですが、何年も切れるのを放置しますと、傷が深い固い「古傷」になってきます。「肛門潰瘍」とよぶべきものです。このようになりますと、「古傷」が固く収縮するため、肛門がますます狭くなります。するとますます裂けやすくなり、悪循環に陥ります。やがて肛門は指もいれられないほど狭くなり、患者さんはなかなか便をだすことができず、毎日、長時間トイレで悪戦苦闘することになります。(肛門狭窄)
また傷が治るときに粘膜の一部がはれて「肛門ポリープ」となります。肛門ポリープの合併した切れ痔は慢性化していることを意味します

肛門ポリープとは
<症状>
排便の後、おしりから内痔とは異なる固いコリコリしたイボがでてくるようなら肛門ポリープが考えられます


<原因>
肛門ポリープは肛門にできた炎症性のポリープです。切れ痔に合併することが多いのですが、内痔核にも合併します。

<治療>
大腸ポリープとは異なりガン化はしませんので無理に切除する必要はありません。気になるなら、通常は日帰り手術で切除できます。ただ肛門ポリープと直腸ポリープ(こちらは放置すると大変です)の鑑別は時に難しいことがありますので心配なら大腸ガン検査だけは受けた方がよいでしょう。




切れ痔 | 【2006-12-08(Fri) 22:27:20】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 痔!痔!痔! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
イボ痔、切れ痔、痔ろう、脱肛、いろいろな痔の症状や治療法、手術法について