イボ痔、切れ痔、痔ろう、脱肛、いろいろな痔の症状や治療法、手術法について
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

妊娠と痔

妊婦さんの痔
妊娠すると腹圧が高くなり、血液の流れがうったいするため、どうしても痔が悪化します。出産の時は子供の頭を押し出すほどの腹圧をかけるわけですから、内痔も飛び出してしまうことが多いです。強い痛みのため、妊婦さんや授乳中のお母さんが肛門科にいらっしゃることもめずらしくありません。中には「出産よりも痔の方が痛かった」という方も・・・
痔を持っている方は妊娠の前にちゃんと治療しておくのが理想です。

痔に使う座薬、軟膏にはステロイドホルモンや鎮痛剤が入っています。直腸粘膜からも薬が吸収されますので、妊娠初期(4ヶ月までの胎児器官形成期)は、薬の使用を最小にしましょう。必要ならステロイドの入っていない薬がよいでしょう。5ヶ月以降は、まず問題にはなりません。

妊娠中の痔は薬で治療し、出産後に必要なら手術を考えるのが原則です。どうしても出産前に治しておきたいという場合は内視鏡治療がおすすめです。これは麻酔が不要で、特殊な薬剤も使用せず、術後の痛み止め、抗生物質もまず、不要です。




痔全般 | 【2006-12-31(Sun) 01:28:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 痔!痔!痔! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
イボ痔、切れ痔、痔ろう、脱肛、いろいろな痔の症状や治療法、手術法について