イボ痔、切れ痔、痔ろう、脱肛、いろいろな痔の症状や治療法、手術法について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

痔ろうの手術(開放手術)

痔ろうの開放手術
痔ろうを括約筋ごと大きく切除する手術を開放手術といいます。

再発の少ない方法です
括約筋温存手術に比べると、シンプルで再発の危険がほとんど無いことが特長です。
特に後方の浅い痔ろうは括約筋を切りましてもほとんど問題が無いため、開放手術をおこなうのが普通です。
通常に開放手術をおこなうと傷がおおきくなりすぎる時は輪ゴムを使ってゆっくり時間をかけて「開放」します。これをセトン法といいます。これは外来でも可能です。適応を正しくおこなえば非常にきれいな手術です。
昔は痔ろうの手術は全て「開放手術」でした。とにかく、痔ろうを治すことが優先され、手術後の機能までは重視されなかったからです。「痔の手術をすると肛門がゆるくなる」という評判はこのころの痔ろうの手術が原因です。


括約筋温存手術との使い分け
痔ろうは1型から4型があります。浅い1型は通常開放手術がおこなわれます。また2型は後ろにある場合や、浅い場合は開放手術がおこなわれます。深い2型、前、横の2型、3型、4型は開放手術をおこなうと肛門機能の低下が大きいため、通常は括約筋温存手術がおこなわれます。しかし、再発をくりかえし、温存手術が困難な場合は開放手術がおこなわれます。




痔ろう | 【2007-01-11(Thu) 14:16:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 痔!痔!痔! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
イボ痔、切れ痔、痔ろう、脱肛、いろいろな痔の症状や治療法、手術法について