イボ痔、切れ痔、痔ろう、脱肛、いろいろな痔の症状や治療法、手術法について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

切れ痔の手術(LSIS法)

切れ痔はせまい肛門を硬い便が通過するために肛門がさけるのが原因です。
したがって便を柔らかくする薬やニトロ軟膏(肛門括約筋を弛緩させる作用がある)が有効です
「肛門が少しせまめ」位なら下剤とニトロ軟膏で、よくなります。
しかしニトロ軟膏は使っていると頭痛をおこすことがあります。またずっと薬を使いつづけるのもわずらわしいと感じましたらLSIS法がおすすめです。
これは肛門括約筋に「ほんの少しだけ」メスで切れ目をいれる手術です。非常に簡単な手術です。(実質、1分で終了します。)入院は不要です。 これでせまめの肛門が1~2割ほど広がり「人並み」になるわけです。切りすぎると逆に肛門がゆるくなりますので「ほどほど」にすることが大事です。
手術の翌日から「肛門が広がり太いウンチが気持ちよくでるようになった」と喜ばれます。

ただし「肛門が指も入らないくらい狭くなっている」ようならLSISでは無理で入院の上、SSG法(皮弁を使って広くする手術)をおこなう必要があります。



切れ痔 | 【2007-05-06(Sun) 19:44:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 痔!痔!痔! All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*    内祝い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
イボ痔、切れ痔、痔ろう、脱肛、いろいろな痔の症状や治療法、手術法について